真実と勇気!
自分の信じる道をひた走る! 熱い心を情報発信していきます!
東北関東大震災に対する現在の越前市の取り組み状況
1 南越消防組合の職員の活動(行方不明者の捜索)
 1次隊が出動 15名(3月12日) 2次隊が出動 7名(3月14日)
 3次隊が出動 10名(3月17日) 4次隊が出動 10名(3月20日)
  すべての隊が活動を終了し、3月23日に帰署
   岩手県陸前高田市ー

2 日本水道協会からの要請で、市水道部職員が活動中(給水活動支援)
 第1班が出動 2名、給水車1台(3月13日)、第2班が出動 2名(3月16日)、第3班が出動 2名
 (3月19日)、第4班が出動 2名(3月22日)、第5班が出動 2名(3月25日)、第6班が出動 2名
(3月28日)
 3月31日で活動終了
   岩手県大船渡市ー

3 議援金の受付ー日赤福井県支部を通じて被災地へー
 受付場所:市役所本庁舎(土日祝・時間外を含むすべての日)
      市福祉健康センター、今立総合支所(平日の開庁時のみ)
 受付時間:3月12日(土)?当分の期間
 市受付分:3月30日現在  35,631,011円 
 
4 被災地への救援物資の輸送について
 救援物資の受付
 受付時間:3月15日?3月22日(火)(土日祝も受付)
 受付時間:午前9時?午後8時
 救援物資の輸送
 輸送先:宮城県気仙沼市
 輸送物資:越前市で受け付けた議援物資他(保存食、飲料水、粉ミルク、調味料等)
  3月23日(水)午後 市役所出発 10tトラック2台、公用車1台(市職員4人)
  3月25日(金)午後5時帰庁

5 市から県への緊急要望を実施
  3月14日(月)に市長が県に対し、被災地支援態勢の強化・原子力関連施設の安全確保・原子力防災体制の  強化等について緊急要望を実施した。

6 市議会において決議
  3月18日(金)市議会において、東北関東大震災に対する復興支援と原子力の安全対策を求めることを全会  一致で決議しました。

7 被災者受入相談窓口の設置
  3月18日(金)からの設置
  相談項目:市営住宅への入居、保育園や学校の受入、医療、福祉など
  受付時間:午前8時30分?午後5時30分
   (平日)電話22?3016(政策推進課)、(土日祝)電話22?3000(市代表)
  被災者の受入人数:31人(公営住宅13人 親戚宅18人)

8 被災者見舞金支援制度の設置(平成23年3月30日施行)
  東北関東大震災による被災者に対し、災害見舞金を支給します。
  支給対象者
   東北関東大震災の被災者や東京電力福島電子力発電所の事故により、国が指定した避難対象区域から移動し
   た人で、市内に居住し、住民基本台帳に記載されているもの又は1箇月以上滞在する見込みのある方。

   見舞い金の額
   支給対象者である世帯の数    見舞い金の額
    1人              10,000円
    2人又は3人          30,000円
    4人以上            50,000円
   見舞い金の支給は、同一世帯につき1回限りです。
   見舞い金の支給
    平成23年3月31日 5世帯 19万円

9 職員の派遣要請
  保健師  1名、住民の健康管理(宮城県山元町、4/9?4/14)に従事(予定)
  下水道班 2名、4/18?(予定)

10 市営住宅 被災者使用可能住宅一覧

  馬塚団地(広瀬町)   1部屋
  八王子団地(国高)   1部屋
  馬上免団地(馬上免町) 1部屋
  北日野団地(矢放町)   6部屋
  藤の木団地(四郎丸町) 1部屋             合計10部屋

  雇用促進住宅の空き状況
      即入居可   修繕後入居可 
  村国   1戸      51戸
  行松   3戸      60戸
  今立   1戸      66戸    合計   5戸     176戸 

  公共施設
   施設名                収容人数        
  越前市コミュニティーセンター柳荘     38人
  武道館                  41人
  元進修学園                50人

※ 民間アパート等
  宅建協会の協力により、市内アパート等40室 無償提供です。

市民の皆様の、ご友人やご親戚に情報を伝えていただきたいと思います。(東北関東地方の方に)
スポンサーサイト
春のクリーン大作戦について
3月27日は、各地区で春のクリーン大作戦があります。
各町内単位でポイ捨てされた空き缶回収や用排水のえざらい作業を行います。
この時期は、まだ寒くて大変ですが、町内、地域をきれいにして気持ちよく過ごしていきましょう。
春風コンサートを聞いて
本日3月21日に北日野公民館で、第15回春風コンサートが開催されました。
北日野自治振興会、北日野公民館共催で行われました。
今年は、日頃から、子供達にピアノを教えていただいている、北日野地区の帆山町出身の田中先生の生徒たちによるピアノ演奏でした。
保育園の年長組から小学校6年生までの子供達(11名)が日頃の成果を十分に発揮して、春らしい演奏を聞かせていただきました。
会場には約70名の方が、すばらしい演奏に感激しておられました。
今回のコンサートは15回目となりました。毎回、色んな方の音楽演奏を聴いていますが、今回は小さい子供さんを中心にした、ミニピアニストinきたひの でした。
演奏が終わると、スタッフの方が用意していただいた、お菓子や飲み物が参加された人に振る舞われました。
又、公民館で活動している、きたひのKIDSの子供達がつくったお菓子(クッキー)も振る舞われ、皆さん満足されているようでした。
こういう光景を見ていると、ほっとします。子供達から大人までが、公民館を中心に活動しているんだなあと思います。
これからも、地域の方全員で盛り上げていきましょう。
スタッフの方、ご苦労様でした。


総務委員会の報告
本日、議会運営委員会で、議員一人当たり1万円の義援金をする事に決まりました。
大地震の被害状況は、深刻なものです。復興は、国民一人ひとりが、何が出来るかをしっかりと考えていただき、行動してほしいと思います。
私は、この前をブログで書きましたが、自分で出来る範囲で協力していきたいです。

さて、現在3月定例議会が開催中ですが、3月10日と11日にかけて総務委員会(常任委員会)が開催されました。委員会の中で、私が質疑した事を報告します。

平成23年度越前市一般会計予算(案)について

○今回の市税収入は119億となっています。この中で、法人市民税に14億の予算配分がされていますが、厳しい経済状況の中で、どのように予算を立てられたのかを質問しました。

 越前市内の上位30社(特に上位4社)の今後状況を参考にして、14億と予算付けをしたと返答があった。

しかし、依然と厳しい状況が続く越前市内の企業は、今後、海外へ転出することも視野に入れなくてはならないと、理事者に追及をしました。

○駅前サテライト利用促進事業について質問をしました。
 センチュリープラザ内での事業は、事業本体の内容や借り上料も高く、広く市民に理解が得られていないのでは ないか。

 年間を通して、仁愛大学を中心に広く事業を展開していると返答があった。


 しかし、この事業は、もっと中心市街地のなかでするべきであり、その中には、空き店舗・空き家が多くあり、 こういう施設を利用するよう強く要望をしました。

○地域自治振興会事業交付金について質問をしました。
 基礎事業、協働事業、特別事業がありますが、特に特別事業は、今後、セミハード事業に展開すべきと質問をし ました。


 特別事業は、今後も続けていく返答。また、地域の特色ある事業をしていただきたいとも返答。

 しかし、最近の特別事業のプレゼンテーションに参加する各地区の自治振興会が減少しているのに、この事業が 本当に必要なのかを正しました。
 今後は、交付金のあり方や事業区分けについてもしっかりと議論を深めていきたいと思います。

 3月18日は3月定例議会の最終日です。しっかりとした考えで望みます。
今日の日記
昨日、東北地方で大地震が起きました。時間が立つにつれ、被害が拡大してしています。この地震で被害を受けた多くの方に、心よりお見舞い申し上げます。
私は、今後、被害に遭った方たちに、出来ることを協力していこうと思います。大それた事は出来ませんが、少しでも力になりたいと思います。
皆様も、自分の出来る範囲で被害に遭われた方に、手をさしのべてください。
福井県は、原子力発電が多くあります。地震が起これば、相当の被害を受けることが予想されます。
災害に強い地域を目指して、皆さんの防災意識を強く持ちましょう。
copyright © 2006 真実と勇気! all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.