真実と勇気!
自分の信じる道をひた走る! 熱い心を情報発信していきます!
今日の行事
おはようございます。

福井県内の一部の学校では、2学期が始まっているところもありますが、
小中高校生のみなさん、夏休みは、今日で終わりますね。
今年の夏休みはどのように過ごしましたか。
体も心も十分充電していると思います。
2学期にむけて、がんばりましょう。

越前市議会は、今日全員説明会が開催されます。
9月定例会にむけての、定例会提出議案についてや、いくつかの説明事項があります。

(1)9月定例会提出議案について
(2)防災対策について
(3)公共施設の使用料について
(4)越前市犯罪被害者等支援条例の制定について
(5)老人福祉施設「越前市寿楽園」の民営化について
(6)(財)宇野茶道美術館からの寄付について
(7)その他

スポンサーサイト
昨日のゲンキ―杯小学生バレーボール大会
おはようございます。
昨日、ゲンキ―杯小学生バレーボール大会が県営体育館で、決勝リーグが行われました。
男子は、社南バレーボールクラブが優勝。
女子は、北日野バレーボールクラブが優勝。

男子は、北信越大会へ出場します。
女子は、来年3月山形で開催される全国大会に出場します。

優勝した、両チームおめでとうございます。

私が、行ったときは、男子の決勝戦をしていたところでした。
社南さんは、7月に行われた全日本小学生バレーボール福井県大会の決勝で涙をのみました。
今回、しっかりとリベンジできてよかったですね。
北信越でも、優勝してください。

北日野クラブは、7月の大会で優勝し、全国大会の経験もあり、この日の試合、4試合ともセットカウント2-0で優勝しました。
決勝の相手は、7月と同じ清水JRバレーボールクラブさんでした。

全国大会は、来年の3月です。(山形県)6年生は、最後の大会です。
優勝できた喜びを、大切にして、誇りを持って練習に励んでくださいね。

両チームの皆さん、今回参加した全チームの分まで頑張ってきてください。

明日から始まる小学生バレーボール ゲンキ―杯福井県大会
明日とあさってにかけて、小学生のバレーボール大会 ゲンキ―杯の福井県大会が始まります。
この大会の優勝チーム、男子女子の各1チームが全国大会に出場します。

地元、北日野バレーボールクラブは、今月に行われました、全日本小学生バレーボール大会に出場しました。
この経験をいかして、今回のゲンキ―杯で全力で頑張ってください。

今回参加される福井県内の男子、女子チームの皆さん今まで練習してきたことを、思いきりのよい、パフォーマンスで戦ってくださいね。

日曜日には、私は応援にいきます。試合の結果は、また報告します。


伝統工芸新機能開発について
福井県の県工業技術センターが中心となり、防音機能を持つ和紙や、屋外でも劣化しない高耐久性漆器などを開発した。
3年後の商品化を目指しています。
伝統産業が低迷する中で、復活の足が掛かりとなるよう期待しています。

越前漆器の09年度の生産額は、00年度比4割減の52億円 低迷が続いている。

越前和紙の09年度の生産額は、00年度比約半減の約34億円 低迷が続いている。
また、従業者も4割減の約410人に減っている。

越前市にも、越前市工芸開放試験場があります。ここでは、主に、木工、金属、刃物の技術者を育成したり、新商品の開発に取り組んでいるところですが、現状は、人手がたりなく、うまく運営されていないみたいです。

伝統産業は、生活様式の変化で需要減少に歯止めがかからないのです。
今後は、現代の生活様式やニーズに合わせた商品を開発し、PRをしていかねばなりませえん。

大手メーカーや地元企業、伝統産業組合が協力してほしいと思います。また、行政も補助金を付けるだけでなく、市の発展、伝統産業復活のために汗をかいて行動すべきと考えます。
私も、行政側に伝えていきます。 
越前市武生東運動公園陸上競技場について
今日の福井新聞に、載っていました武生東運動公園陸上競技場の公認切れですが
本日、県中学校陸上競技大会南越地区大会があり、県の中学新記録がでたり、ジュニアオリンピック標準記録に相当する記録が出ても、参考記録扱いになります。

陸上をしている中学生たちは、この日のために、暑かった夏休みも練習に取り組んできたのです。
ジュニアオリンピック出場を目指している生徒は、多くいます。

市側のコメントでは、事務手続きに不備があり、公認切れを招いてしまい、子どもたちや関係者にお詫び申し上げると出ていました。
今日素晴らしい記録をだしても、次の大会で同じ記録はでません。
お詫びしてすむことではありません。

一番の問題は、行政側の職務に対する情熱が薄れていることだと思います。
今日が、南越地区の大会があることは、わかっていたことです。
今後、今日のことについて責任を取っていただき、関係者が納得いくような行動をしていただきたいと思います。

又、競技場を2種から3種にかえるということがもともと陸上競技全体の活性化につながらないと思います。
今後、すべてのことで前向きに業務を遂行していただきたいと思います。

copyright © 2006 真実と勇気! all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.