真実と勇気!
自分の信じる道をひた走る! 熱い心を情報発信していきます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
越前市北日野小学校統合100周年記念式典
昨日は、北日野小学校統合100周年記念式典が挙行されました。

全校児童、職員、地域の皆さん、来賓の方を含めると500名を越す華やかな式典となりました。

今回の式典のために、地元で音楽活動をされている「ナナ.イロ」作詞.作曲 「ぼくらは太陽」が披露されました。
この歌は、100周年実行委員会からの依頼でつくられた、北日野小学校の応援歌です。

記念式典のなかで、全校児童が振り付きで歌ってくれました。

すごく感動し、涙がでてしまいました。

私も北日野小学校を卒業しています。
この学び舎で過ごしたことがよみがえり、この学校でで教えられたことを誇りに思います。

また、小学校の恩師にも会え、昔の行動がなつかしく思えました。

小学校の体育館前の廊下には、歴代の卒業した児童の写真が貼ってあります。
自分の顔をみると、小学校6年生の思い出が脳裏にうかんできます。

今後も、児童の皆さん、応援歌の「ぼくらは太陽」のように、のびのびと明るく育ってくださいね。

すばらしい、記念式典に出席できたことを、感謝しております。
ありがとうございました。
スポンサーサイト
北日野小学校統合100周年記念式典
明日10月30日(日)午前9時から、北日野小学校体育館で、北日野小学校統合100周年記念式典が開催されます。

明治44年に5つの小学校(発育、通志、啓沃、登高、親鵞)が統合されて北日野尋常高等小学校が誕生しました。

長い歴史の中、多くの児童が育っていきました。そして、いろんな分野でご活躍されています。

これからも、北日野の美しい環境を大切にし、ふれあい、やさしさ、情熱のある子どもたちが育っていけるよう、地域全体で見守っていきましょう。

当日は、第1で式典が挙行され、第2部で ナナ.イロ作詞、作曲による「ぼくらは太陽」を児童が合唱してくれます。
そのあと、ナナ.イロミニコンサートがあります。

地域の皆さん、是非お越しください。

地域全員でお祝いしましょう。
議員協議会と12月定例会について
今日、午後2時から議員協議会が開催されました。

11月2日より始まる、「市民と議会との語る会」の最終打ち合わせを行いました。
チラシは、10月15日の広報誌と一緒に全戸配布されています。

3か所で行いますので、
11月2日(水) 福祉健康センター
11月8日(火) 生涯学習センター今立分館
11月9日(水) 国高公民館

開催時間は、いずれも19時00分~21時00分です。

議会や議員に対して思っていることを、語りあいましょう。


12月の定例会の予定が決まりました。

会期日程予定  11月30日(水)~12月20日(火)までの21日間です。

12月議会では、決算特別委員会審査結果報告(平成22年度決算)や会派代表質問があります。
もちろん、質疑や一般質問もあります。


今回開催する、市民と議会との語る会で得た貴重なご意見、要望等を議場で議論していきたいと思っています。

南越消防組合議会議会の行政視察
10月25日~26日にかけて南越消防組合議会の視察に行ってきました。

行先は、兵庫県姫路市の姫路市消防局、三田市にある(株)モリタ 三田工場です。

初日は、姫路市消防局で、「消防組織機構、運営事項、地域防災に関すること」を研修しました。
PA260043_convert_20111027064557.jpg

姫路市の一部の例

災害発生時の地域住民に対する情報伝達、収集方法
(1)有線放送(自治会放送)
(2)広報車
(3)防災行政無線
(4)テレビ、ラジオ
(5)ケーブルテレビ、コミュニティFM
(6)インターネット
(7)メール(防災メール便)
(8)エリアメール
(9)地域SNS

姫路の場合、きめ細やかに、そして多重的に広報を実施していることが、参考になりました。

又、防災教育等の実施については、次のとおりです。
(1)市民防災大学~地域の防災リーダーの育成等
(2)防災スクール~若い世代の防災リーダーの担い手の育成等
(3)消防防災指導員の活用
(4)防災パンフレッド等の配布~防災マップ等の全戸配布
(5)市政出前講座の活用
(6)町内版防災マッップづくり
 などです。

阪神淡路大震災が、起きている阪神地方は、住民の関心が高いとのことで、地域住民の協力がよくできています。

2日目は、(株)モリタ 三田工場へ視察に行きました。

三田工場は、最新鋭の設備を誇るアジア最大級の消防車製造工場です。
はしご車をはじめ、高機能消防車、新しい技術を提案した消防車ミラクルキャフカ―、世界初となる、消防と救急の機能を併せ持つ「消防車」3面開閉という新しい発想を取り入れた消防車「レッドシ―ガル」など、未来を見据えた新しい消防車など、年間700台以上が生産され、海外へも輸出されています。

全国の消防車の55%がここで、製造されています。
PA260045_convert_20111027071226.jpg
PA260047_convert_20111027071412.jpg

PA260050_convert_20111027071542.jpg
PA260053_convert_20111027071716.jpg

地上35メートルからの写真です。
PA260058_convert_20111027071900.jpg
はしご車は、35メートル対応で1億3千万円します。
決算特別員会の報告
今日の決算特別委員会での私の質疑を報告します。

○教育委員会所管

文化費の中で、市内指定文化財パトロール委託として10万円の支出について越前市内の指定文化財をこの予算でカバーできるのかをただしました。

指定文化財の建物等を町内にあずけている場所もあり、管理状態が悪いのではとの質問に、十分パトロールし確認しているとのことでした。
しかし、場所によっては、文化財が傷んでいるところもあり、パトロールを強化するためにも、予算を増やすべきとただしました。

市民体育大会事業に委託料として250万円支出の件について

種目が多すぎて、各地区は選手確保に苦労している、行政は、市の体育協会に市民体育大会の種目や開催日について話をしているのかとただしました。
協会とも連携を十分取っているとのこと。
今後、この問題ついて、しっかりと協会と話をし検討してほしいと要望しました。

菊花マラソン事業に委託料として300万円支出の件について

菊花マラソンンは、年々盛大に開催されています。そこで、目の見えない方の伴走をしているボランティアの方に御礼をしてほしいと質問しました。
今回何らかの形で御礼をするとのことでした。

都市公園管理事業で、市のテニスコートが傷んでいるところが多くあり、22年度で改修工事をしたところはあるのかと質問をしました。
22年度なく、今後全体のテニスコートをどのように運営していくかをよく考え、改修工事について検討していくとのことでした。

教育費について、教員の仕事が多忙しているなか、外部指導者を増やし人件費として予算に上げ、教員の多忙をやわらげるべきではないかと質問をしました。

外部指導者は、現在いますが、十分とは言えず、今後検討していきますとのことでした。

○福祉保健部所管

地域医療活動支援事業(特定疾患特別見舞金)について、1,152万円の支出について質問しました。

特定疾患者は、難病として56指定されています。申請をすると、見舞い金として通院3万円、入院5万円が交付されます。
しかし、ほとんどの方が通院をし、治療を受けています。また、難病を対応する病院が県内ではすくない。県外へ出向いて治療をしている方が多いと思うが、実態を把握しているかと質問しました。

把握しておりませんので、調べて報告しますとのことでした。

ここが一番他切なところで、県外までの治療代を考えると、22年度の予算では手厚い援助とは言えないので、新年度増額を要望しました。

越前市内には、難病の方が約400人おられます。

児童養護施設整備事業助成金 5,776万7千円について質問をしました。
この助成金は、越前市行松町に建設された(22年4月1日開設)、「児童養護施設 一陽」にあてられたものです。
虐待や事故、病気、失業など様々な事情で、家庭での養育が困難となっている子ども達が入所しています。
この施設の運営状況や今後の支援の仕方を質問しました。

この施設で、家庭に戻れる指導や18歳で施設を出るので、その後の進路を行政もしっかりと援助してほしいと要望しました。
copyright © 2006 真実と勇気! all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。