真実と勇気!
自分の信じる道をひた走る! 熱い心を情報発信していきます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総務委員会の行政視察
4月25日(水)~27日(金)にかけて、総務委員会の行政視察がありました。

1日目は、佐賀県唐津市せした。
 筑前前原から唐津駅までのJRが暴風雨のため、運行できず、タクシーで唐津市役所へいき、どうにかまにあいました。

おもに、「原子力防災における暫定避難計画について」を研修しました。
佐賀県では、暫定避難計画が整備され、それに基ずいて、唐津でも暫定避難計画がたてられています。

隣の玄海町には、玄海原子力発電所が3基あります。
唐津市は半径20キロに半分以上が該当し、30キロでは全域が入る状況で、越前市と同じであります。

暫定避難計画のなかで、しっかりと、避難する自治体が計画されています。
他にも、避難ルートの選定や自動車での避難、避難訓練などが計画されています。

また、県より、40歳未満の85、000人分のヨウ素剤が市内28か所に配布されています。

お隣の伊万里市でも同様のことが行われています。

福井県、越前市の対応が遅れていることに反省しなければなりません。

2日目は、佐賀県鹿島市でした。
並行在来線の存続運動について。

肥前鹿島駅は、新幹線ルートとは、違う路線でありますが、並行在来線扱いとなり、地元では、17年かけて、市民を交えて、反対運動をしてきたのですが、結果的に、佐賀県、長崎県、JR九州の3者で合意し上下分離方式(線路、駅舎等の施設は佐賀県、長崎県が所有・維持管理し、運行はJR九州が全線を運行することになった)

この事で、普通列車は確保できましたが、特急列車が51本から10本に減ってしまいました。

福井県はこの自治体とは状況が違いますが、並行在来線の事は、県、沿線自治体で真剣に考えていかねばならないとあらためて強く感じました。
当時の桑原市長のリーダーシップに感動しました。(17年間の運動に対して)


3日目は、熊本県八代市へ行き、路線バス、乗合タクシー運行事業について研修をしてきました。
八代市は平成の合併により、面積が大幅に増え、山間地域が大きくしめています。
全体の面積は、越前市の3倍であります(八代市の人口、約13万人)

そこで、山間地域にデマンド奉仕による乗合タクシーを導入しました。
山間部の地域は、バスの停留所までタクシーできて、あとはバスを利用し、移動します。
タクシー会社は毎年入札で行うため、価格が下がってきていて、問題になっているとのことでした。
八代市としては、各タクシー会社が協力し随時契約を希望していました。

市の補助金は、平成22年度は2億1千万にもなっています。しかし、23年度は、乗合タクシーを導入したことで、1億4千万円となっています。
今後も、市民の皆さんの声で利用しやすいように変えていくと力強いお言葉がありました。
スポンサーサイト
今日の特別委員会
今日の午後から、議会活性化特別委員会がありました。
「市民と議会との語る会」について、

開催要項の確認と、市民との意見交換会で十分に時間をかけること、会場に多く来ていただくための方法などを話し合いました。

開催日、開催場所、時間の案内は、各地区町内の区長さん宅へ議員が自ら出向き、案内をすることを確認した。

昨年開催した、国高地区では、地区の区長さん宅に案内をさせてもらった結果、多くの住民の方がこられました。

今回は、6地区で開催しますが、議員全員で案内をしていきます。

開催地区と場所について

地区    会場      開催日       時間         担当班
東   東公民館   5月30日(水)  19:30~21:30    1班
大虫  大虫公民館  6月6日(水)      〃           2班
白山  白山公民館  5月30日(水)     〃           3班

神山  神山公民館  5月31日(木)     〃           1班
北日野 北日野公民館 5月31日(木)     〃           2班
南中山 南中山公民館 6月5日(火)      〃           3班

班構成(議員の名前)
1班  嵐、安立、伊藤、大久保、小形、片粕、川崎(悟)
2班 川(俊)、城戸、佐々木、関、玉川、玉村、題佛
3班 中西、西野、福田(往)、福田(修)、前田(一)、前田(修)、三田村、吉田

今後の語る会の予定

8月21日(火) 吉野、北新庄、服間
8月23日(木) 西、坂口、粟田部
11月中旬     南、国高、王子保、味真野、岡本

今年中に全地区をまわります。
 
4月の行事
4月の後半に入って、お天気の方もようやく春らしくなってきました。

4月の28日からは、ゴールデンウィークに入りますが、みなさんはどこかえお出かけすことと思いますが、楽しい、お休みにしてください。

今日は、地元の自治振興会の総会に出席してきます。
来週の月曜日は、「市民と議会との語る会」について、議会活性化特別委員会があり、翌日には、その件で、議員協議会があります。

4月25日からは、総務委員会の行政視察があります。
視察先と内容は、

○佐賀島唐津市
「原子力防災における暫定避難計画について」
○佐賀島鹿島市
「並行在来線の存続運動について」
○熊本八代市
「路線バス・乗合タクシー運行事業について」

いずれの市も先進的に取り組んでいる自治体なので、しっかりと勉強してきます。
政務調査費の決算
政務調査費の1年間の(平成23年4月~平成24年3月分交付額)収支報告をしてきます。

提出書類として
○収支報告書及び事業実績
○支出明細書等関係書類一式
○領収書の写し
○備品台帳
○預金通帳
○剰余金(現金)

精算確認後、直ちに残余金を越前市に返還します。

私の場合、212、634円を返還予定です。
東日本大震災に伴うがれき受け入れの問題
東日本大震災に伴うがれき受け入れについて、福井県は明確な返事をしていません。

被災自治体と話し合いを進めている、福井県の自治体は、高浜町、敦賀市です。
国は、2年間でがれきを処理するとしています。

全国の自治体では、がれきの受け入れにまだ積極的ではありません。

国の説明会が、4月12日に福井でありました。

国の対応が遅いのが問題です。また、住民理解が大前提で、スピードアップしていかねばなりません。
今後は、各自治体で出来る範囲で協力することが必要と思います。

copyright © 2006 真実と勇気! all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。