真実と勇気!
自分の信じる道をひた走る! 熱い心を情報発信していきます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新庁舎についての全員協議会の内容
今日の福井新聞に載っていたように、昨日の全員協議会の中で、奈良市長から、新庁舎建設について説明を受けた。

私たち議員に対して、新庁舎建設は見送りと示した

市長のコメントの中で、「私は、市民の融和を第一に、庁舎問題が市民の間に感情的な対立と混乱を招くことのないよう、市民の合意形成を最優先に判断すべきと考えています」とのべた。

そして、「慎重に検討した結果、庁舎建設については市民の間に様々なご意見があり、現状では十分な合意形成を図ることが極めて困難な状況にあることを踏まえ、あくまでも市民の融和を第一に考えますと、(合併協定を尊重し、健全財政を維持しつつ、コンパクトなまちづくりにも配慮しながら市民の合意形成を図り、着実に基金を積み立てながら将来的に新庁舎を日野川東部の適地に建設する)とのじゅうらいの方針を引き続き堅持したいと言うのが私の結論であります」とのべた。

私は、この説明では、今まで私たち議員が議論してきた事が、何だったのかと思っています。

市長に対して残念だったのは、
○市長が3案を出してきて、市民の皆さんに混乱をまねいたこと。
○1案の中にいくつかの案を出すべきだった(新庁舎を日野川東部 8号線沿いのいくつかの案)

1案でいけば、みんなが混乱することはなかった思います。
また、先送りをして、東部建設するのでは、市長の責任はどうなるのでしょう。
期限を切るとか、跡地の問題をどう示していくのかが大切です。

いづれにしても、この新庁舎の問題は、これで終わったわけではないです。
新庁舎東部建設を支持する同僚議員と、しっかり考え、進めていきたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 真実と勇気! all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。