真実と勇気!
自分の信じる道をひた走る! 熱い心を情報発信していきます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月定例会
昨日は、私は、4番目に一般質問をしました。

1越前市サマーフェスティバルの検証

 最近のサマーフェスティバルの踊りと山車の参加数が減ってきています。
 場所の問題、照明が暗い、観覧席がない、踊りの時間が少ない、踊る場所が狭くなった。

 山車については、製作費がかかる、移動に費用がかかる、山車の置き場所がないなど。

 以上の事について、検証し、今後祭りが衰退しないよう、意見要望をだしました。

2越前市の課題「人口減少」について

 越前市の人口は2025年には、77,357人、2035年には、70、418人と推定されています。

 原因として、少子化(子どもの数が減ってきている)、若者が市外へ流出している、結婚をされない方が増えて いるなどの理由があげられます。

 私は、若者の流出を止める案や若い人が結婚して家庭を持てるよう、小さいころからの教育(幼児とお母さんと
 で学習する命のぬくもり学習を小学生まで広げること)などいろいろと提案しました。

3(仮称)南越駅周辺整備計画の提言

 新幹線が、12年後、敦賀まで開業します。
 駅周辺の整備計画は、平成26年度、27年度で計画されています。

 そこで、地元沿線町内の区長等の意見、要望を聞き、自分の意見を併せ、提言しました。

 主な内容は、
○ 駅の利用促進、利便性を重視してハイウエイパーキング周辺整備を想定し、1,500~2,000台の駐車場
 を整備すること。
○ 越前市の庁舎をここで併設すれば注目される。これからの庁舎は、交通、環境など利便性、経済性にあったもの ではならない。
○ 駅が高架になるため、その下を、有効に利用できる。例えば、公共施設や民間複合施設等
○ 保守点検基地が予定されている農地は3ヘクタールである。
  周辺の農業者、営農組合の経営に大きな影響を与えます。また、多くの生産道路がその予定地で切断されるた
  め、それらに対する要望や保証、整備に万全を尽くすこと。
○ 駅周にも多くの農地があり、農地の代替や売買など5町内の住民不安、不満を取り除くために、市として十分説  明し保障すること。
○ 駅周辺には、武生インター、国道8号線があり、県内外からのアクセスがしやすく、人が集まりやすい所です。
  観光面からみて、「道の駅」を立地し、地場産業の販売、PR、体験学習等広く越前市を宣伝できる。


 以上の事などを、市長に提言しました。

市長からは、周辺整備計画を策定するにあたっては、「道の駅」も検討しながら、越前市はもとより丹南地区の玄関口にふさわしい駅になるよう、地域性を踏まえ、策定していきたいと 答弁しました。
また、策定にあたっては、議会や沿線地区の皆様と協議しながら着実に策定作業を進めていきたいと考えていると
答弁しました。

私も政治家として、結果を残していけるよう頑張ります。


詳しくは、4日後に、越前市のホームページにでますので、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 真実と勇気! all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。