真実と勇気!
自分の信じる道をひた走る! 熱い心を情報発信していきます!
「コ―ケン・ノムラ空間の美」
越前市矢船町出身でドイツを中心に活動する空間造形作家 コ―ケン・ノムラ氏の個展
「コ―ケン・ノムラ空間の美」が22日、越前市武生公会堂記念館で始まりました。

午前9時からの会場式に行ってきました。
会場を入ると、高さ3.2メートル、幅10メートルと7メートルの4つの木枠が三角に配置され、ドイツ語と日本語で俳句と短歌を書いた2千枚以上の巻紙をつるした「歌の白滝」が広がっています。

横を歩いたとき微妙に揺れる空気の流れなど、空間の世界を感覚的に体験できます。

また、モノクロ写真「ケルン大聖堂三十六景」が様々な構図で写し出されています。

皆さんもぜひ、ご来場ください。

今日、23日午後1時30分から~3時にかけて、フランチェスカ・エ―ムケ博士(コ―ケン・ノムラ氏夫人)による講演会が開催されます。

この講演会は、主催が北日野自治振興会です。
北日野自治振興会が粉今年で設立10周年をむかえました。
設立10周年記念事業の一貫として開催できました。

越前市教育委員会にも後援いただいております。

演題:「豊臣期大坂図屏風」と大江戸日本橋絵巻「照代勝覧」に描かれた人たち
会場:越前市福祉健康センター 多目的ホール(アルプラザ4階)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 真実と勇気! all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.