真実と勇気!
自分の信じる道をひた走る! 熱い心を情報発信していきます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月定例会開催中
今日も、3月定例会です。

平成26年度一般会計予算案について、引き続き、質疑が行われました。

農林水産業費、商工費、土木費、消防費、教育費、災害復旧費、公債費、予備費等の歳出について。

継続費、債務負担行為、地方債、一時借入金、歳出予算の流用につて。

以上の項目について、11人の議員から質疑があり、理事者からの答弁をうけました。

私は、2点質疑をしました。

1 観光施設管理事業
  荒谷町にある、日野神社内の汲み取り便所の汲み取り料について、質疑をし、今後水洗便所にするよう強く要望しま  した。理由として、日野登山者が増え、いまどき汲み取り便所では、使用したくともできません。特に女性の方は苦  労していると思います。地元からも要請していますが、なかなか水洗便所にならないのです。

  日野山を登るには、一般的には、萱谷町、平吹町、荒谷町からです。
  萱谷町、平吹町には、水洗便所があります。

2 中心市街地活性化事業
  今回、この事業で、都市部から若者を、「地域おこし協力隊」として委嘱し、越前市の文化、歴史を活かしたまちづ  くりや、自分の経験を活かし中心市街地活性化のために働いてもらうものです。(1年~3年)

  この事業は、2009年度に総務省が導入した事業で、国の予算、上限400万円まで補助がでます。

  越前市では、今回初めての試みで、1人採用予定です。

  予算として、臨時職員として、賃金が216万4千円、社会保険料で33万6千円、家賃等に75万円支給されます
  合計で、325万円になります。

  全国では、平成25年度では、隊員が978名、4つの都道府県と314の市町村に採用されています。

  今後、1名ではなく、少子化、高齢化が一段と進む、中間山地域に地域活動や産業の担い手になってもらう「地域お  こし協力隊」を採用していただくことを強く要望しました。

  越前市に来られる、隊員の方、今後の越前市活性化のお力をかしてください。あなたにかかっています。

  そして、引き続き、契約して、仕事を継続して頑張ってください。
  後につづく人のために。

  

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 真実と勇気! all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。