真実と勇気!
自分の信じる道をひた走る! 熱い心を情報発信していきます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日から、一般質問です。
今日から、一般質問に入りました。

今回の3月定例会では16人の議員が一般質問をしました。今日は、6人の議員がしました。

私は、4番目に行いました。
質問は、3点でした。

1 視覚障害者誘導用ブロックについて(点字ブロックです)

  点字ブロックが割れていたり、ブロック上に障害物がないか、交差点内の横断歩道に設置してある点字ブロックが、  痛んでないかなど、理事者に質しました。
  実際は、道路がひび割れしていて、十分機能していないところがあるからです。

  音響装置もまだ、十分に設置しているとは思えません。
  市身体障害者福祉連合会のご意見も聞き、補修するところは早急に整備が必要です。
  私も、連合会の方にお会いし、参考になりました。

2 ふるさと納税について

  越前市でもふるさと納税は導入しています。
  現在県内ではトップの納税額があります。
  最近では、全国の自治体が特産物を贈ることで話題になっています。
  越前市では、本市に来て頂いて、特典を使ってもらうことになっています。

  今後は、宿泊券をだしたり、特産物も贈り、越前市のPRに活かしてほしいと要望をしました。

3 越前市の職員の適正な人事管理と組織体制のあり方について

  平成18年に733人だったのが、平成25年4月で612人になりました。また、この間、嘱託職員、臨時職員
  パート職員が増えています。
  職員の年齢構成は、50歳代が約40%、特に20代~30代前半が少ないのです。
  少ない年齢層には、専門的な職員や、一般企業から採用をしていかねばなりません。
  今年度も3回試験を行ったそうですが、今後も定期的に採用試験を行う事を要望し、年齢毎のバランスを保つよう
  質しました。

  今後は、再任用制度、(定年退職者が、1年単位で契約して仕事に就く)や、複線型人事制度(本人の意思を尊重し
  希望の職種で長く勤務できる制度)を新年度から導入すると答弁があり、積極的に導入していただきたいと要望しま
  した。
 
  また、嘱託職員、臨時職員の賃金アップも要求しました。
  超過勤務を減らし、職員が心と体の病気にならないよう、上司が気を使ってほしいと要望しました。
  そして、市民が来丁しやすい市役所づくり、すなわちどんな時も笑顔で、明るい挨拶でお出迎えをすること。
  
  来庁舎を「お客様」として温かく迎えられるよう、頑張ってほしいと要望しました。

  今後は、年齢別の職員がバランスよくなるよう、人事制度をしっかりと構築してほしいです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 真実と勇気! all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。