真実と勇気!
自分の信じる道をひた走る! 熱い心を情報発信していきます!
視察2日目
昨日は、埼玉県和光市へ行き、要支援者、要介護と認定されている、比較的軽症な方を普通の生活に戻す取り組みをしている仕組みについて、勉強してきました。
和光市では、4割の方が、要支援、要介護から卒業しています。
和光市は、要支援、要介護の認定率は、全国平均の13・8パーセントよりはるかに低くく、現在では9・6パーセントです。

和光市は、いわゆる地域包括ケアシステムの構築による介護保障と自立支援の確率を目指しています。

卒業されたあとでも、地域支援事業として介護予防ヘルプサービスを受けます。
地域包括支援センターの事業がしっかりしています。
その中で、中央コミユニテイケア会議で、いろんな立場の専門職の方より意見を聞き、支援者の自立にいかしています。

行政主体で行う、強い姿勢、やる気が一番必要です。

今回の和光市の取り組みは、役所の担当者に聞かせてあげることが必要と考えますので、帰りましたら、報告したいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 真実と勇気! all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.