真実と勇気!
自分の信じる道をひた走る! 熱い心を情報発信していきます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総務委員会の報告
本日、議会運営委員会で、議員一人当たり1万円の義援金をする事に決まりました。
大地震の被害状況は、深刻なものです。復興は、国民一人ひとりが、何が出来るかをしっかりと考えていただき、行動してほしいと思います。
私は、この前をブログで書きましたが、自分で出来る範囲で協力していきたいです。

さて、現在3月定例議会が開催中ですが、3月10日と11日にかけて総務委員会(常任委員会)が開催されました。委員会の中で、私が質疑した事を報告します。

平成23年度越前市一般会計予算(案)について

○今回の市税収入は119億となっています。この中で、法人市民税に14億の予算配分がされていますが、厳しい経済状況の中で、どのように予算を立てられたのかを質問しました。

 越前市内の上位30社(特に上位4社)の今後状況を参考にして、14億と予算付けをしたと返答があった。

しかし、依然と厳しい状況が続く越前市内の企業は、今後、海外へ転出することも視野に入れなくてはならないと、理事者に追及をしました。

○駅前サテライト利用促進事業について質問をしました。
 センチュリープラザ内での事業は、事業本体の内容や借り上料も高く、広く市民に理解が得られていないのでは ないか。

 年間を通して、仁愛大学を中心に広く事業を展開していると返答があった。


 しかし、この事業は、もっと中心市街地のなかでするべきであり、その中には、空き店舗・空き家が多くあり、 こういう施設を利用するよう強く要望をしました。

○地域自治振興会事業交付金について質問をしました。
 基礎事業、協働事業、特別事業がありますが、特に特別事業は、今後、セミハード事業に展開すべきと質問をし ました。


 特別事業は、今後も続けていく返答。また、地域の特色ある事業をしていただきたいとも返答。

 しかし、最近の特別事業のプレゼンテーションに参加する各地区の自治振興会が減少しているのに、この事業が 本当に必要なのかを正しました。
 今後は、交付金のあり方や事業区分けについてもしっかりと議論を深めていきたいと思います。

 3月18日は3月定例議会の最終日です。しっかりとした考えで望みます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2006 真実と勇気! all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。